水晶のブレスレットの作り方は?流行りのおしゃれなデザインを紹介

水晶のブレスレットは、ブレスレットの中でも定番と言っていいほど常に人気のあるアクセサリーです。シンプルかつ主張しすぎないので、ユニセックスで使えるのもうれしいところですね。

また、無色透明なので、水晶はさまざまな色のパーツにも合わせやすいのが便利です。今回は、そんな水晶のブレスレットの作り方や、おしゃれなデザインの解説をしていきます。

水晶のブレスレットの人気の秘密はこれ!

水晶は、透き通ったクリアな色合いが特徴の天然石です。世界各地に原産国があり、日本、ブラジル、インド、マダガスカル、アメリカ、中国などさまざまなところで採掘され、英語では「クリスタル」と呼ばれています。

水晶のビーズが散らばる様子

広い意味では、アメシストやローズクォーツも、それぞれ「紫水晶」「紅水晶」と呼ばれ、水晶の仲間とされます。ですが、一般的に「水晶」というと、無色透明のものを指すことが多いようです。

水晶のブレスレットが人気な理由は、やはりその美しさです。二酸化ケイ素が結晶化したものを石英と呼びますが、その中でも特に無色透明で透明度が高いものを「水晶」と呼びます。光を受けてキラキラと美しい様子は、とても魅力的に感じるのではないでしょうか。

ご自身が生活する上でも手元はよく目に入りますから、水晶のブレスレットをすることで、日々のふとした瞬間に美しいものに触れられます。また、男女問わず、身につけられるユニセックスなデザインであるものも多く、大切な方へのプレゼントとしても喜んでもらえるのではないでしょうか?シンプルなのでファッションの邪魔にもならず、どのような色合いにも合わせやすいですよ。

水晶のブレスレットを作ってみよう!初心者さんにもおすすめの作り方

水晶のブレスレットにはいくつかの作り方がありますが、今回は

  • ・「ブレス用ゴム」で作る場合
  • ・「ワイヤー」で作る場合

の2通りをご紹介します。初心者の方は、「ブレス用のゴムテグス」で作ると、とてもお手軽です。

ブレスレット用のゴムテグスで作る場合

ブレスレット用のゴムで作ると、伸縮性が良く、取り外しがしやすいのがメリットです。お子様へのプレゼントにもぴったりです。

材料

  • オペロンなど、ブレス用ゴムテグス 30cmほど
  • 水晶ビーズ 10mmのものを20粒ほど
  • ハサミ
  • クリップ

作り方

  1. 1.ゴムの端の一方をクリップで挟んでおき、ビーズをテグスにひとつずつ通していきます
  2. 2.全部通し終わったらクリップを外し、2〜3回固結びをします
  3. 3.ゴムの余った部分をカットし、結び目をビーズ玉の中に隠して完成です

ワイヤーで作る場合

ワイヤーで作ると、全体的に高級感のある仕上がりになります。

材料

  • 必要な長さに+15cmほどのワイヤー
  • 水晶ビーズ 10mmのものを20粒ほど
  • ニューホック 1組
  • つぶし玉 4個
  • U字金具 2個
  • ペンチ
  • ニッパー

作り方

  1. 1.まず、一方の端の金具部分を作ります。ワイヤーにつぶし玉を2つ個通し、U字金具を片方のみ通します
  2. 2.U字金具にニューホックの片方を通して、ワイヤーをU字金具のもう一方にも通します。そのワイヤーをつぶし玉に通します
  3. 3.つぶし玉をペンチで潰し、ニューホックを固定させます
  4. 4.ワイヤーに水晶ビーズを通していきます
  5. 5.最後まで通したら、最初と同様に、つぶし玉やU字金具、ニューホックにワイヤーを通し、つぶし玉をペンチで潰します
  6. 6.余分なワイヤーをニッパーでカットして完成です

水晶のブレスレットのおしゃれなデザインアイデア5選

水晶を使ったおしゃれなブレスレットのアイディアを紹介します。

こちらはmimu0309さんの作品です。水晶とアクアマリン、パールを使用したエレガントなブレスレットが大人かわいいです。イヤリングとセット使いをしてもおしゃれにまとまりそうですね。

こちらもmimu0309さんの作品です。水晶と淡水パールの組み合わせで、上品ながらもカジュアルにも合わせられそうなシンプルさが特徴です。留め具がマンテルなのもクラシカルで、コーデ全体を格上げしてくれそうです。

こちらはkom_laattaさんの作品です。水晶とローズクォーツ、インカローズを組み合わせたバランスの良い作品です。紐で繋ぎ合わせてあり、ナチュラルな印象もあるので、ブレスレット自体はカラフルですが、合わせる服を選ばなさそうです。

こちらはDonna Feliceさんの作品です。水晶(クリスタルクオーツ)にローズクオーツとソーダライトを合わせた、個性がありながら元気がもらえそうな色合わせ。水晶がうまく全体をまとめています。

こちらはhimedukaayaさんの作品です。水晶やアメシストをふんだんに使ったブレスレットで、神秘的でパワーがみなぎりそうな色合いに仕上がっていますね。クラック(ひび)の入った水晶が使われているのもポイントです。

水晶のブレスレット作りに興味がある方におすすめの講座

水晶のブレスレットを作りたいけど、ブレスレットの作り方も天然石の知識もよくわからない…という方は、PBアカデミーの「天然石アクセサリー講座」を調べてみてはいかがでしょうか。

今回、記事でご紹介した水晶で作るブレスレットの作り方よりも、さらに詳しく、たくさんの画像を見ながらテキストでわかりやすくご紹介する講座になります。

天然石アクセサリー講座

天然石アクセサリー講座は、天然石に関する知識や、アクセサリーの作り方まで、幅広く学習できます。さらに、誕生石の知識や、カラーセラピー、天然石の色味に関する知識まで、幅広い知識も身につけられます。

天然石アクセサリーを作る様子

天然石の魅力は、まさに世界でひとつであること。大自然が作り上げた芸術品と言っても過言ではなく、ひとつひとつ違う持ち味があります。そんな天然石の知識を学んだ上で、それを使った、ワンアンドオンリーの作品を生みだす技術を得る講座……それがこの「天然石アクセサリー講座」です。

この講座では教材セットの中に、ニッパーや作業マットなどの道具はもちろん、色や質感が美しくクオリティの高い天然石も含まれて届きます。美しい天然石を眺めながら学習できますので、思わずやる気も集中力もアップしそうです。天然石の美しさに魅せられて、ご自分もその世界に溶け込みたい…という方にはおすすめです。

資格のPBアカデミーでは、天然石を使ったアクセサリーをはじめとした、ハンドメイドに関する動画チャンネルを運営しています!ちょっとした空き時間にもサクッと見ていただけますので、ぜひ見てみてくださいね♪

まとめ

水晶のブレスレットは、比較的簡単に作れるので、常日頃から練習がてら自分用のものを作ってみてはいかがでしょう?

大切な人へのプレゼントとして製作するときには、とびっきりの作品を作れること間違いナシです。送る相手は老若男女問わず、さまざまな方に喜ばれそうですね♪

まずはひとつ、お試しで作ってみてはいかがでしょうか?合わせるファッションも、カジュアルからフォーマルまで、何にでもしっくり馴染むこと間違いなしですよ。